首イボ 遺伝

首イボは遺伝する!?気になる原因と改善のためのお手入れ法

首イボは加齢とともに増え、一気に年齢を感じさせる原因になってしまいます。
しかしそんな年齢を感じさせる首イボは、遺伝が原因になっていることをご存知ですか?

 

首イボの原因が遺伝だった場合、予防や改善は難しいことなのでしょうか…
そこで今回は首イボと遺伝の関係を詳しくご紹介します。
遺伝による首イボができやすい可能性がある方は、ぜひお手入れの参考にしてください!

 

首イボの原因は遺伝って本当!?

 

首イボができてしまうのは遺伝が関係しているのか…
この答えは結論から言うと「NO」ということになります。なぜなら首イボと遺伝に関して、科学的にその関係が結論付けられていないということが挙げられます。

 

しかし首イボができてしまう原因を考えると、遺伝が無関係とは考えづらい点も多々あります。そこでまず、首イボができる原因から見ていきましょう。

 

首イボは年を追うごとにどんどんと増える方が多くなりますが、その原因は肌の状態や外的ダメージが積み重なることで皮膚の一部が盛り上がりイボになってしまうからです。

 

原因としてまず挙げられるのが、加齢や肌の老化です。年とともに潤いが不足し、肌のバリア機能はどんどんと低下していきます。そのため、外的ダメージから肌を守ることができずに、肌のバランスが崩れ、皮膚の一部を硬化させてしまうのです。

 

また肌の老化と同じように、紫外線のダメージもお肌に大きな影響を与えます。
紫外線は肌を衰えさせ、肌の生まれ変わりとなるターンオーバーを乱れさせてしまいます。肌の代謝がスムーズにいかず、老廃物が蓄積した肌は不安定な状態に。

 

このように、老化や紫外線また外的ダメージが肌のバランスを崩すことにより、首イボが生じる原因になっているのです。首イボができる条件は、「肌質」が大きく影響していると言えるでしょう。

 

ここで注目したいのが、「肌質」です。首イボができてしまうのは「肌質」が重要なポイントになりますが、「肌質」は遺伝の影響を大きく受けているのです。

 

遺伝による肌への影響は、キメの細かさ・毛穴の大きさ・皮脂の分泌量・皮膚の厚さなど、皮膚を形成する大きな要素が遺伝により影響を受けていると言っても過言ではありません。

 

首イボと遺伝が直接的な関係が科学的に証明されていないとしても、首イボの原因となる肌質が遺伝性であるなら、首イボと遺伝の関係を無視できないのではないでしょうか。

 

遺伝による首イボを改善するには?

 

上記のことからも親の首イボが目立つ場合、あなたも同じように首イボができやすい「肌質」であることが考えられます。そのため、今はまだ首イボのお悩みがないのならば、早めに対策をしていれば未然に防ぐこともできるということです。

 

先ほどもお伝えしましたが、首イボは加齢や肌ダメージが原因になっているので、肌自体の免疫力を上げ、バリア機能を強化することが重要です。

 

紫外線のダメージから肌を守るためにUV効果の高いスキンケアを使用し、保湿でしっかり肌の潤いを維持するようにしましょう。

 

また肌質を改善するためには、食生活の見直しも重要なポイントになります。
栄養バランスの良い食事や良質な睡眠、適度な運動などを心がけることで、身体自体の免疫力が格段に上がっていくことでしょう。

 

スキンケアに生活習慣の見直し、日々意識して行うことで、首イボの予防・改善に役立ちます。

 

遺伝性の首イボはしっかりケアしてツルスベ肌に!

 

首イボが必ずしも遺伝であるとは限りませんが、その可能性は否定できいません。
遺伝的に首イボができやすいと感じるのであれば、早めにケアをしておくことで予防に大変効果的です。

 

また肌質が遺伝であるということは、その他のお肌の悩みも親や家族と共有する可能性が高くなります。首イボの予防・改善だけではなく、トータル的に肌質の改善を意識して、お手入れや食生活を見直してみましょう!